Don't Think Twice, It's All Right



大阪の一日。東京大阪の鉄道切符は最近は回数券の割引率が悪く、格安切符が名前ほど格安ではないので、少し距離を余分にして往復割引を利用するという手がベストチョイスになることもあります。東京都区内からだと明石の手前の朝霧から往復割引が適用。今回はその往復切符にしました。阪急梅田ガード下の渋い飲み屋街の「きざみ」うどんを朝食にしたあと、大阪から六甲山や播磨灘を眺めながら山陽線で先ずは朝霧へ向かいました。安藤忠雄の海辺の住宅をこの目で確認し瀬戸大橋を眺めながら海辺を歩いて舞子から戻りの電車。往復切符は途中下車可なのでちょこちょこと途中下車をくりかえしました。須磨では50年前の私の脳に刻み込まれた浜にからだで触れてみました。震災で打ちのめされた新長田で鉄人28号のオブジェが受けている様子を確認。三ノ宮では「瓢たん」の餃子でビール。餃子そのものは「標準」ですが味噌だれの個性の故でしょうか、地元に大受けのようすでした。雰囲気を楽しみました。甲子園口でも降りてみましたが50年前の記憶に繋がるものはもうなくなってしまっているようでした。想い出を確かめる小旅行の締めはディラン。ライブはホットでした。17曲のうち昨日と違う曲がなんと10曲。後半のここのところの定番6曲はほぼ確実に固定ですから、そのほかの11曲のうち10曲が昨日と違っていたことになります。オープニングはLeopard-Skin Pill-Box Hat。Don't Think Twice, It's All Rightでのディランのギター、よかったなあ。昨日よりも人口密度の高いスタンディングにノリノリのロック。からだが燃えました。鉄壁のリズムセクションを骨に文句なしのバックバンドに育っています。ディランもノリが好きなんだな。2時間の発散の前にある1時間の「生殺し」ウエィテイングが実は相当こたえるようで、からだだけは疲れました。立ち飲みの「北京」で締めるつもりでしたが、からだが椅子を求め、昨晩教わった「森清」で独り大阪の味を楽しみました。
100313.jpg
2010/03/13(Sat) 09:12:28 | Dylan
Tittle: Name:

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comment

Categories

Archives(4177)

Link

Search

Library