里山鐵道

171120.jpg
171120a.jpg171120b.jpg
171120c.jpg171120d.jpg
内房線の五井から上総中野まで房総半島の里山を養老川沿いに走り抜ける小湊鐵道。誕生寺のある外房の安房小湊までの鉄道免許を取得していたことからこの社名となっている。2015年からは上総牛久から養老渓谷の間を「トロッコ列車」が走っている。蒸気機関車風のディーゼル機関車が牽引する観光列車なので少し躊躇いもあったが乗ってみてよかった。窓がない車輛で風に吹かれながらゆっくり走る里山は格別だった。経営の難しいローカル線を地域起こしで黒字にしようと小湊鐵道はさまざまな企業努力をしている。その一つがトロッコ列車「サトトロ号」「大人のヨルトロ号」と称する涼風ビール列車もある。ちなみに2017年度グッドデザイン賞を受賞している。車内放送が地元車掌による地域解説なのもうれしい。世界一大きいトイレ、陶芸家が自宅庭につくったミニチュアトロッコ列車、大銀杏など話題にもこと欠かない。この地域は土質が柔らかく、蛇行している川を土を掘って短絡させる「川回し」が伝統技術となっているのだそうだ。ケニヤなどで水不足を解消するために使われている井戸掘削技術「上総掘り」はこの地域の天然ガス掘り技術が原点にある。筍、茸、米、野菜、柿などの産地でもあり外房の漁港も近いので地のものも美味しい。ホームでは地元の人たちがお弁当、茸汁、地酒などを売っている。地域の個性を広く識ってもらうことは大切なことだと思う。「サトトロ号」、いいネーミングだ。

171119.jpg
寄り添う影あってこその暮れゆく秋の芒

171118.jpg
どこまで白に近づくと白菊と呼ばれるのだろう

171117.jpg
雨上がりの葉の上の滴はいくつあるのだろうか

漁港魚

171115.jpg
上総の旅 10。大原の静かな漁港に漂う魚の不思議な姿

菊蟷螂

171116.jpg
上総の旅 9。菊に蟷螂がいるよと教えられる大多喜城

酒蔵熊

171114.jpg
上総の旅 8。杉玉の下に熊立つ木戸泉酒造に出会う大原

Profile

image
kinoshita
木下道郎 ・ 建築家
詳しくはworkshop-kino.com

New Entries

Comments

Categories

Archives(3676)

Link

Search

Library

Counter

7340240